まだまだ若いと言われたい 

ネットで探した商品の記事を書いていきます。

博多名物 ふくやの明太子を家庭で食べて、みんなが喜ぶ

ふくやは全国的な博多名物なっている(辛し明太子)を開発した会社として知られています。 私は博多の近郊に住んでいて、(ふくやの明太子)は福岡に住む私も全国に自慢出来る一品だと思っています。

何かあった時に全国に散らばる友人知人に贈り物をするときはいつも、ふくやに出向き友人、知人が喜ぶ顔を思い浮かべながら注文します。 もちろん私も毎日の夕食の一品として大好きで、小さな頃から食べていた(ふくやの辛し明太子)が食卓に並んでいます。

今は、退職して福岡の中州にはたまにしか出向きませんが、時々中州で飲んで帰る時には家族への土産の意味もありましたが、自分が好きだから買って帰る事があったのです。 何が無くても、辛し明太さえあれば食欲がわき、御飯が食べられるのです。

 

           

 

「味の明太子ふくや」では良いものをより安く安全に、そのこころを届けたいと製造直販を続けることが、販売価格を低く抑えている。 創業者の川原俊夫さんの「思い」以前にふくやの辛し明太子は存在しなかった。 味の明太子の原料はスケトウダラの卵巣これをふくや独特の調味料につけこんであるのだが、この味をみんなに愛される味に開発した、川原俊夫さんに感謝。

時代が変わってもこの味は変わらない。 そんなふく心意気に嬉しく思うのです。

 

         

         

 

近頃では、近所に(ふくやの明太子)の直販店があるのでそこを利用しているが、贈答用ではなく、家庭用の手ごろな品物も販売している。御飯のおかずに酒のともに重宝している私です。

               《公式》味の明太子ふくや